知識思考ノート

気に入った知識や思考を書いてます

人を信じるための考え方

 

 人はそれなりに信じておいた方が

楽しく生きていける。それでも、不信に

陥る日がある。

 

 人の心の中は覗けないので、

その時の状況や気分に応じて

想像することになる。

 

 この考え方で真剣になっては

いけない。事実に基づいて想像しなくては

ならない。

 

 

 人間が持てる悪意や不快感には

限界がある。怒っている人は怒りたくて

そうしているのではないかも知れない。

 

 怒ったり悪意があると、それだけ

心の苦痛も大きくなる。精神力を

かなり消耗するはず。

 

 どんなに体のたくましい人でも

いずれは疲れて寝るし、運動にも

限界がある。

 

 

 これを精神にも当てはめれる。

脳みその神経が疲れるはずだから、

ずっと悪意を抱いていられない。

 

 なので、人の心はそんなに

凶暴にはなれないだろうと思う。

嫌なことを考えているのも結構疲れる。

 

 人間はいい人ばかりではないが、

言うほど悪い人もあまりいない。

機嫌が悪い人がいるだけだと思えば

まあまあ他人を信じられる。