知識思考ノート

気に入った知識や思考を書いてます

プライド問題をどう克服するか

 

 プライドが高い・低いとよく話題に

なりますが、これってどうやったら解決できるか。

 

 

○プライドとは何か、から

 

 自尊心、誇りな訳ですが

実際の言葉の意味として、社会的地位、

上下関係も含んでいるのが観察できます。

 他人からの評価でもあるようです。

 

 ここら辺をごっちゃにすると、

意味が分からなくなるので、まず

心の話か社会の話なのか

分類した方が良さそうです。

 

 

○心のプライドは個人の勝手にしかならない

 

 社会の地位と関係なく、プライドが高すぎたり

低すぎたりする人もいると思いますが、

これは本人の勝手にしかならないです。

 

 自分を重視する、重要だと思う心が

プライドですから良い悪いと判断するのは

他人がすべきでない。

 

 本人がどう思っても、本人が思っている

だけだから良くも悪くもない。心の中にまで

干渉する人がいたら、その人がちょっとおかしいです。

 

 心は見えないですから、あまり主張も

干渉もしようがないです。道徳の話は、人生が

始まったばかりの子どもにしないと意味がないと

思われます。

 

 子どもの頃は、本当に何も知らないので

言われた通りにするのですが、ある程度に

大人になると真と偽の判断をするようになる。

 

 そこで道徳を強く説いても、本人の中で

偽に分類されたら意味ないです。

プライドが高い低いと注意するのは、

なかなか効果が出ない難しいやり方になります。

 

 

○社会でも割と個人の勝手になると思うんです

 

 偉い人が、力を失った途端に

馬鹿にされはじめたり。逆に、地味で目立たない人が

いなくなったら仕事が増えて困ったりする事があります。

 

 みんなで協力して作業している場合、

上下関係は必要になりますが本当に誰が

仕事にプライドかけているかはやっぱり

分からないんじゃないでしょうか。

 

 地位とプライドは関連がもちろんあるけれど、

地位は地位、プライドはプライドと冷静に

分けておく、したたかさは必要なのだと

思います。

 

 ずっと同じ地位に固定される仕組みでは

ないのですから、地味に努力している人が

そのうち偉くなったりする。

 

 地位が高いのとプライドが高いのは

関連があるけれど、そのバランスが取れている

人や社会がすべてでは無いです。

 

 地位とプライドは多少、分けても

いいんじゃないでしょうか。

 

 

○優越感も劣等感もプライドなので

 

 あんまり気にする事ではない気が

します。感情や考え方としてのプライドは

やっぱり個人の勝手です。

 

 イケメンや美人が、モテ過ぎて困るって

劣等感を示すと腹が立ちますが、

本人は本当に困っているのだと思います。

 

 イケメンや美人が、あんまり自慢を

すると更に腹が立つ訳でプライドではなく

それが事実ってだけなのです。

 

 事実と、本人がどう思うかは別なのです。

 

 

○どう思えばいいかを考えてみる

 

 どう思ったっていいは流石に

行き過ぎなので、自分なりに結論を

出してみます。

 

 プライドは、物で例えると

個人の中にある宝石みたいなものでは

ないでしょうか。

 

 外からは見えないので、本人が

大事にするしかない。

 

 プライドが高いって言うのは、

地位と合わないと指摘しているだけです。

プライドを捨てるって表現は、

本当に大事なこと意外はこだわらないって

意味でしょう。

 

 プライドや誇りと言ってしまうと

なんだか偉そうに聞こえがちなので、

自分にとって大事な物が分かっていれば

いいのではないでしょうか。

 

 

f:id:Pen-and-Note:20180619144734j:plain