知識思考ノート

気に入った知識や思考を書いてます

「自分に正直」、の解釈の違い

 

 「自分に正直」

 

 これはたまに使われる言葉なのですが、

解釈の仕方には、人によってかなり

違いがあると気づきました。

 

 それで、それぞれの解釈と

その効果を考察してみたい。

 

 

①自分の感情に正直

 

 自制心が強い人には

この解釈がいいと思うのです。

 これを自分から

発言するようになるとわがままの

領域に入ってくるかも知れませんが。

 

②自分の考えに正直

 

 自分の判断を重視する場面なら、

考えに忠実でよし。

 これをずっとやっていると、

思想家スタイルで変なトコ

いっちゃいそう。

 哲学者はだいたい変わり者です。

 

③損得に正直

 

 自分の利益を考えろと

解釈したらこうなるのですが、

商売の思考を自分に正直とは

あまり言わない。

 好き嫌いがないがしろに

なってしまいがち。でも頭を使うので

後悔がないならいいのかも。

 

④自己イメージや立場に正直

 

 イメージに正直っていうのは、

想像に依存しているので

わりと危うい。

 立場に正直なのは

世渡りなので、、、どうなんでしょう。

 

 

 

 ちょっと考察してみたものの、

言いたいことは、自分って何って

話なのです。

 

 自分に正直、誠実という

響きは美しいのですが

それ以前に、自己へのとらわれ

みたいな違和感を覚える。

 

 無我夢中との言葉がありますが、

そんな必死の状態こそ本当に

自分らしいのではないか。

 

 

 嘘でも正直でもいいから、

好きなように生きたらいいと

思うのです。

 

 人生に嘘は吐けない。

そんな気がいたします。