知識思考ノート

気に入った知識や思考を書いてます

交渉力とスパム的会話

 

○しつこさは交渉力ではない


 このあいだ、しつこい勧誘の
電話があり話し方もどうかしていた
ので、スパムと交渉の違いについて
説明してみたくなりました。

 

 スパムは、内容が変なものでも
大量に送るから、どれかが当たる
というものです。

 

 しつこいスパムは、方法自体が
かなりどうかしているので
誰も得しないです。

 

 

○スパム的な会話について


 なにをもってスパム的と
判断するかですが、損得やお互いの
事情よりも「量」によって
押すのがスパムがスパムたる所以
です。

 

 広い範囲に訳の分からない話を
すれば、誰か信じる人もいるもの
でありますが、小さい範囲に
大量の訳の分からない話をするのを
スパム的会話と勝手に名づけます。

 

 要点や損得は結局わからず、
とにかく量で押す話し方には
交渉力はありません。


 交渉力は、背後にある
損得や気持ちが伝わるから
成り立つもので、しつこさは
会話自体がスパムになる。

 

○スパムの特徴(交渉力との違い)


 ①発信元や根拠が不明瞭

   どこの誰が、何を目的で
  話をしているかがとても
  重要なのですが、スパムは
  ここからまず分からない。

 

 ②要点が不明

   どういう得があって、
  どういう損があるか、
  いつまでも分からない。

 

 ③はっきりは言わない

   話術や強引な態度で
  押しているだけの場合、
  はっきりした事を言うと
  終わりになっちゃう。

 

 ④話を聞かない

   交渉は、お互いが話し合って
  妥協点をみつけて終わります。
  スパムは妥協点でなく、結論が
  すでにあるので会話にならない。

 

 ⑤感情に訴えすぎ

   交渉でも、ブラフや言い換えに
  よって心情を操作するのは多少
  あると思いますが、感情ばかりが
  先行して冷静でないものは
  嘘か、どうかしているだけです。

 

○スパム的会話の意味のなさ


 しつこく話をすれば、
勢いでもってかれる人もいますが
スパムメールが誰かしらには
当たるのと同じで、意味があんまり
ないです。

 損得や気持ちはすでにないがしろに
なり、ただスパムとして押し切った
に過ぎないです。

 

 本当に権力がある場合とかは
別ですが、会話で押し切っただけを
あんまり権力と言いません。

 

 意味がよく分からないから、
そこに意味があると思った人にだけ
効果があるのがスパムですね

 

○交渉力の付け方と、スパムの対処法


 相手を対等に見ること、
要点をおさえて根拠を持つこと。


 交渉しても、根拠がなかったり
対等に話をする気がないのであれば
意味はないのです。


 対等に話をしたうえで、
相手の方が有利だったり、
相手に用がないのであれば
ただそれまで。

 

 

 なんとなく魅力的というのは
意味のあるものですが、それなら普通に
交渉したらいいので、スパムはスパムな訳です。


 人間でも生活でも、普通にしていて
魅力的なのが安定した状態なので、
スパム的な会話はそれ自体が
どうかしているのです。