知識思考ノート

気に入った知識や思考を書いてます

「味」についての考察


 人間が有する感覚、
「味」について考察する。

 これは何かと言うと、
神経回路が刺激される時の多様さである。


 ご飯を食べるとして、
ふりかけでも納豆でもカレーでも
なんか乗せる訳だが、ご飯はご飯。

 

 同じ神経回路だけが刺激されて
いると飽きるようになっている。

 そこで、違う回路をたどってみたり、
同時に別の回路を刺激してみたりする


 ピアノの演奏に似ている。
「ドレミファソラシド」では飽きるので、
順番を入れ替え、タイミングを変え、
同時に別の音をならしてみる。

 人間が味として感じるのは、
同じものの細かい違いだ。


 新しい刺激は
脳内の回路を大きく変える。

 人が求めているのは、ご飯でも
ピアノの音でもなく、味や曲なのだ。

 それが分かれば、味の探求も
味より前に覚えるべき基本の理解も
深まる。


 味は作り出すことが出来る。
特に、ご飯や音楽などでなく、

対象が限定されていない場合は
新しい味を作れる可能性がいつでも
ある。